借地権とは

国内に限った話ではありませんが社会では「土地」に価値があります。
土地を所有することでその所有している範囲であれば好きに使うことができるのです。
しかし土地を持っている人間全てがその土地を有効利用できるような立場であるとは限りません。
実際に建物を建てるとしても膨大な費用がかかり失敗をすればそのリスクは非常に大きなものとなってしまいます。

そこで土地を他の人間に貸し与えて代わりに利用させてもらいます。
この土地を借りた人間が「他人から土地を借りている」という証明をするために所持する権利が借地権と呼ばれるものです。
借地権は更に区別すれば地上権と賃借権に分けることができ、どちらが適用されるかによって土地への扱いが変わってきますがどちらも土地を借りることになるのは変わりません。
しかし基本的には地上よりも貸借権の方が「借地権」として呼ばれることが多いです。

この借地権が使用される場面として最も代表的なのは土地を貸して建物を他人に建築させ貸している間はその土地の利用料をもらう時です。
現に土地を借りて持ち家を建築した場合には定期的にその土地の持ち主に使用料を支払わなければいけません。
しかしここで気をつけたいのはその土地が利用されたからといって必ず借地権が利用されるとは限らないということです。

では土地を貸した場合に借地権が適用される、されない件に関してはどのようになっているのでしょうか。
一方で権利であるため権利の売買、受け渡しに関してはどのようなことになっていくのでしょうか。



*管理人推奨外部リンク*
新法と旧法による違いがある借地権ついて解説している専門不動産会社です … 借地権 新法

Copyright © 2014 借地権を使用する場面を紹介 All Rights Reserved.